RSS

1朝一から閉店までφ ★2018/03/08(木) 17:43:34.06ID:CAP_USER>>23
2018年3月8日 17:13 
週刊ファミ通より、しずかちゃんのグラビアページ。 
https://cdnx.natalie.mu/media/news/comic/2018/0308/shizuka1_fixw_640_hq.jpg 
大きなサイズで見る(全3枚) 
https://natalie.mu/comic/news/272675 


「ドラえもん」に登場するしずかちゃんこと源静香のソログラビアが、本日3月8日発売の週刊ファミ通2018年3月22日号(KADOKAWA)に掲載されている。 

これは「映画ドラえもん のび太の宝島」の公開を記念したもの。しずかちゃんは白いブラウスにピンク色のジャンパースカートというおなじみの服装で登場し、 
ねこ足のバスタブやドラえもんのひみつ道具“なりきりキャプテンハット”を使ってポーズを披露した。 
グラビア撮影後に感想を聞かれたしずかちゃんは、「女優さんになったみたいで、すごく楽しかったです!」とコメント。 
しずかちゃんが映画の劇中で海賊にさらわれたときの心境や、自分にとっての“宝物”について答えたインタビューも掲載されている。

nijigen280002
【【グラビア】 しずかちゃんの初ソログラビアが週刊ファミ通に「女優さんになったみたい」】の続きを読む

1シャチ ★ 2018/03/08(木) 17:59:13.80ID:CAP_USER9>>27>>217>>232>>321>>340
 ホンダは、原付二種のスポーツモデル「CB125R」を3月9日に発売する。価格は44万8200円(税込)。 

 CBシリーズのエントリーモデル。水冷4ストロークOHC単気筒エンジン(13PS)を採用し、 
市街地での発進や加速に重点を置き、幅広い回転数からのスロットル操作に対しリニアな出力特性を実現したという。 

 新世代CBシリーズ共通のスタイリングを採用。高張力鋼管と鋼板による新設計のスチールフレーム、 
路面追従性を追求した倒立フロントフォーク、安定した減衰力を発揮する分離加圧式リアサスペンションユニットなどを採用し、 
軽量な車体パッケージングと高い運動性能、軽快なハンドリングを実現している。 

 ライト類は全てLEDを採用し、フルデジタル液晶メーターも装備した。 

 ボディーは2040(全長)×820(全幅)×1055(全高)ミリ(シート高815ミリ)、重量127キロ。 
カラーは「ブラック」「キャンディークロモスフィアレッド」「パールメタロイドホワイト」の3色を設定する。 
ダウンロード

3/8(木) 13:09配信 ITmedia ビジネスオンライン 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00000051-zdn_mkt-ind 
画像 CB125R(キャンディークロモスフィアレッド) 
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180308-00000051-zdn_mkt-000-1-view.jpg
【【バイク】ホンダ、原付二種スポーツ「CB125R」発売 価格は44万円】の続きを読む

1ひまり ★ [US]2018/03/04(日) 19:50:45.03ID:CAP_USER9>>2
「死ぬ気で契約をとれ!」「超ワンマンの地獄」 ブラック企業で働く女性が見た過酷な労働環境 

https://news.careerconnection.jp/?p=50895 

残念ながら、世の中に数多く存在するブラック企業。ホワイト企業を選んだはずが、入社後に「ブラックだった!」と判明するケースは少なくないだろう。企業口コミサイト「キャリコネ」で口コミを検索すると、ブラック企業に就職した方たちの悲惨なエピソードが多数ヒットした。今回は、ブラック企業で働く女性たちの声をご紹介したい。 

「『楽しくなければ仕事でない』という企業理念のもと、様々な珍しい研修を行っていたり派手な業界であるため入社前はきらびやかで良い部分ばかりを見せつけられました。 

しかし実際に入社してみると、仕事内容は朝から晩までテレアポ地獄。お客様のことは考えず自分の成績を上げるためには死ぬ気で契約をとれ!といった風潮。早朝出勤も残業もお金は支払われずただのブラック企業でした」 
(法人営業 20代前半 女性 正社員) 

企業説明会では、不都合な事実は伝えず、会社の良い点しか言わない。楽しく、ひとりひとりが輝ける職場環境だと見せかけて、応募者を募るのもブラック企業のやり方のひとつである。良いイメージのまま入社したところ、 

ブラックに染まった仕事内容や職場環境に地獄を見たというエピソードもあった。労働時間の長さや、サービス残業は、ブラック企業の共通点といえるだろう。 

「超ワンマンブラック企業。交通費支給なし!市県民税天引きなし!の割には薄給。上司による理不尽なパワハラ横行。仕事押しつけるだけ押しつけて、上司はプライベートの内容のネットサーフィン。自分たちの気分であいさつの返事もなし。社長専務にはゴマすり。経営者が気に入らない社員は自主退社になるよう仕向ける。地獄です」 
(生産・製造技術 30代前半 女性 正社員) 
8

低賃金、パワハラ、無能な上司…ブラック企業の要素が満載である。こちらの経営者は、気に入らない従業員には自ら退職を選択するように仕向けるようだが、このような会社に我慢してい続けるよりは、さっさと辞められた方が良さそうである。 
【「死ぬ気で契約をとれ!」「超ワンマンの地獄」 ブラック企業で働く女性が見た過酷な労働環境】の続きを読む

このページのトップヘ